レンタルサーバーの基礎知識

個人や個人事業者が自前のサーバーを持つことは、経済的にも技術的にも容易なことではありません。 そこで、サーバーの一部を間借りするサービスがレンタルサーバーです。 ホスティングサービスとも言います。 基本的には、ホームページ公開、ブログ、独自ドメインの使用が可能です。 1台のサーバーを共用する「共用サーバー」が格安で最も一般的です。 1台のサーバーを貸し切りで使用する「専用サーバー」や、 サーバーや回線などのハード機器を用意して運営は自分で行い、管理のみを委託する「ハウジング」というものもあります。

 

レンタルサーバーは、通信事業者やインターネットプロバイダ、レンタルサーバ専業事業者などが運営しています。 個人でサーバーを持つと、ウイルスやハッカーからの攻撃、停電、故障など、 様々なトラブルに対し、自分で対応しなくてはなりません。 個人的にメンテナンスや修理、監視を行うのはとても大変です。 それに比べて、24時間365日、専門技術者が監視して障害に備えてくれるところが、レンタルサーバーの最大のメリットです。 また、面倒なドメイン管理を代行してくれる業者もあります。 サーバーの性能、運用形態などによって月額のレンタル料も様々です。